【特別支援学校の発表会】授業参観ってどんな事するの?

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。



知的障害児が通う息子の特別支援学校の発表会にいってきました。


通常の地域の小学校と参観の内容はどう違うのかご紹介します。


特別支援学校のイベント

息子の通う特別支援学校の大きなイベントは、年に3回あります。

他に日曜参観を設けたりする年もあります。



1学期

運動会


2学期

発表会


3学期

授業参観




発表会の内容

学校生活での普段の子どもの頑張りを親に観てもらうのが、この2学期の発表会です。


特別支援学校の小学生は、体育館でダンスをしたり、得意なことを披露したりします。



小学部1年生の頃

動物の衣装を着て平均台を渡り、歌に合わせてダンスをします。


小学部2年生

またまた動物の衣装を着て、縄をピョンピョン跳ぶパフォーマンスの後、歌に合わせてダンス。


保育園や幼稚園で行う運動会や発表会をイメージして頂けると、すごく近いものになります。

※プライバシー保護のため写真をかなりぼかしています。



発表会に向けての練習

発表会当日に向けて、約3週間前から練習を始めます。

練習の流れ


3週間前

  • 発表会用の曲を何度か聴き曲調を覚える
  • 曲に合わせてダンスを教わる
  • お友だちと楽しく踊る
  • 何度も踊り振付を覚える


2週間前

  • 立ち位置を確認する
  • 実際に衣装を着て踊る



1週間前

  • ひと通り本番をイメージして練習をする
  • 毎日練習を繰り返すけど、前日は練習お休み


当日

  • 本番





覚えることが沢山あるので、繰り返し何度も練習をします。


衣装は先生の手作りのようです。




発表会の良いところ

特別支援学校の発表会は、普段学校で頑張っている子どもたちの、可愛い様子を見ることができます。


初めは

人前に立ってダンスをしたり、特技をみせるなんて難しいのでは?本当にできるのかな・・

と思っていました。


ですが、実際観に行くと、全員が練習通りに一生懸命頑張っていて、親の姿を見つけて走って来てしまう子は一人もいませんでした。

楽しい!を意識して先生が指導して下さるので、子どもたちみんな、とってもいい笑顔でした。




まとめ

息子が発達支援センターにいた幼児の頃は、親から離れてお遊戯なんて一度もできなかったのに、支援学校ではダンスがバッチリ。

親の想像をはるかに超えて、しっかりと課題をこなす、息子の姿がありました。


このように、我が子が親の想像以上に成長している姿を見られるのが、特別支援学校の発表会だと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitter毎日更新中。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-支援学校と支援学級
-,