【自閉症児が話せなくても自分の気持ちを伝えられた!】せいくんのクリスマス

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。





重度知的障害の息子。

最近は少しずつ自分で欲しいものを選ぶということが、できるようになってきたので今年のクリスマスは自分で食べたいものと、スイーツを選んでみました。






知的障害児の欲しいもの

知的障害が重度となると、自分の欲しいものや要求の伝え方が非常に難しいものになります。

欲しいものがないのではなく、選び方や伝え方に困難があるのです

言葉や指差しがあまりない息子は、いつも人に

「何が欲しいのかわからない」と言われてしまいますが、8歳になってから、写真などを2択で提示すると指をさして選べるようになってきました。

簡単なようで、選ぶという行為は息子にとって、とても難しいものなのです。





チキンかピザ

大好きなチキンかチーズピザです。

どっちにする?の質問に、迷わず息子は

ケンタッキーのチキンを選びました。

写真を見てニコニコです。



ケーキかアイス


我が家はケーキをあまり好んで食べない子もいるので、ホールのケーキは買わず、

ケーキとアイスをそれぞれいくつか買ってきて食べます。

どっちが食べたい?の質問に写真を指でツンツンと突いてチョコレートケーキをしっかり選んで伝えることができました。





欲しい!やりたい!が本当はある

考えがない思っていることが分からないと思われがちな知的障害児ですが、

きちんと気持ちは持っています。

伝え方さえ習得すれば人に気持ちを伝えることができます




息子には、2歳から絵カードや写真を用いた視覚支援を行っています。



伝え方を支援する。

息子にとって必要な過程のひとつです。

選ぶことができるのは生きていく上でとても大切なことで、言葉が無い分、人とのコミュニケーションの手段をこれからもたくさん身につけていきたいです。

息子自身も思いを伝えることができ、満足できるクリスマスを過ごすことができました。




最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-せいくんの日常
-,