【自閉症4歳の新版K式発達検査の結果公開!】中度の知的障害は4歳まで

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。




息子の発達検査内容検査の様子結果を公開します。

これから療育手帳や愛の手帳の取得を考えている方、発達検査の詳しい内容を知りたい方の参考になればと思います。

3歳の発達検査・手帳取得の様子はこちら



新版K式発達検査とは

発達の遅れや偏りを評価するものです。

検査の結果によっては、発達障害の診断や状態を把握することが可能と言われています。

検査の内容に対して、子どもがどのように反応し応答するかを観察し、通過基準を満たすかどうかで評価するようになっています。

また

  • 言語・社会
  • 認知・適応
  • 姿勢・運動


の3つから、発達指数と発達年齢を算出します。


発達検査の内容

一連の流れで紹介します。

内容は2,3歳の発達検査と同じ新版K式発達検査2001です。

4歳の発達検査は4歳7か月で受けました。


児童発達支援センターでOTによる検査

息子は、母親の私と検査員、園長の4人で個室に入ります。

そこで普段の様子などの聞き取りを行い、一緒に検査を行いました。



検査の内容

向かい合わせに座り、検査員の指示を聞きながら検査を進めます。

息子は何度も席を離れたり、私の膝に座ったりしていました。


検査の一部を紹介

息子が出来たものに◯、出来なかったものは✕で表示しています。

言語・社会

× 名前を呼んで返事ができるか

× 絵を見てワンワンどれ?などの指差しが出来るか

× 目はどこ?耳は?などの質問に答えられるか


認知・適応

〇 型はめのパズルができるか

〇 積み木を上に何個積み上げられるか

× 真似をして積み木で形を作れるか

× 鉛筆を使って、○や×を描けるか

× 折り紙を使って真似して折れるか


姿勢・運動

〇 両足でジャンプが出来るか

× 階段など2段の高さから飛び降りられるか

× 何も掴まらずに階段を登れるか


検査時間は乳幼児では10~15分

10歳以上の場合には1時間程度必要となります。


検査中の様子

慣れない様子に不安の強い自閉症の息子は常時落ち着かずそわそわしていました。

発語のない息子は、指示もあまり理解できないことが多かったため、出来たものが3歳の頃同様、非常に少なかったです。

木製で出来たパズルの型はめはとても上手に行っていましたが、

「ワンワンはどれ?」などの質問や、名前を呼ばれて返事をするなどはできませんでした。


模倣(真似をする)も苦手です。

バイバイをする、検査員と同じように折り紙を折る、検査員を真似て鉛筆で丸を書くなど。

指示が理解できないのと同時に、興味が無さそうでした。

また飽きてくると、部屋から出ようとします。


検査結果

検査の結果は主治医に記録してもらうため、検査結果報告書をコピーしてもらい残しています。

新版K式発達検査の結果

発達指数 37

発達年齢 1歳9か月

発達指数(DQ)の基準が100なので、37という数字が発達年齢1歳9か月という結果を出しています。

息子はこの時、4歳7か月なので、2年10か月発達が遅れているという事です。


発達の推移


検査結果をグラフにしました。のちに重度判定になる、せいくんの発達年齢推移です。

検査年齢発達年齢
2歳10か月1歳3か月
3歳9か月1歳7か月
4歳7か月1歳9か月


その他の発達年齢

4歳7か月息子の発達年齢

言語・社会 0歳10か月

認知・適応 1歳11か月

姿勢・運動 2歳


3歳の頃の発達検査から1年経ちましたが、全体的に2か月程しか成長しておらず、実年齢に比べて発達の差がさらに広がってきました。

特に殆ど発語のない息子の言語発達は1歳に満たないので、発達年齢が非常に低かったです。


DQの基準値

最重度 (DQ)20以下
重度 (DQ)21~35
中度 (DQ)36~50
軽度 (DQ)51~70

基準値を見ると息子は37なので、4歳7か月の時点でギリギリ中度の発達障害。

次に発達検査を行えば重度になる可能性が十分にある数値です。



療育手帳

2歳に取得した手帳はB1です。

息子の住む地域は

A  重度

B1 中度

B2 軽度

と分類されます。

療育手帳の更新は、次回5歳頃です。

4歳の頃の様子はこちら


4歳の発達検査を受けたまとめ

3歳で受けた発達検査から1年経っていましたが、大きく成長したところはなく、同じような検査結果になりました。

年齢が上がるにつれ、実年齢の標準発達との差が大きくなっているのは明らかでした。

でもそれは、療育が上手くいっていないなどではなく、息子の発達スピードが非常にゆっくりだという事

このままのスピードで成長すれば、実年齢の差がさらに開き、知的障害の度合いが重度になります。

のちに重度の診断を受ける子は、初めから発達に遅れが見られるわけではなく、また発達が途中で止まってしまうものでもなく、大きくなるにつれて少しずつ差が開いていくものです。

息子は、1年経っても2~3か月程度の成長しか見られないので、その差はどんどん開いていきます。

次回の発達検査は5歳です。




息子は、発達検査の練習や手先能力向上のため家で積み木や療育グッズを活用しています。

積み木

積み木の大きさは検査用と同じくらいです。


バランスストーン

室内用飛び石です。体幹トレーニングとバランス力が鍛えられます。

普段から指先のトレーニングと、検査の練習になればと思いやり始めました。




発達検査の内容を詳しく知りたい方のための本。

子どもの心理検査・知能検査

様々な検査についての詳細や幼児・小中学生の事例が掲載されています。



最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-発達検査
-,