【三井ガーデンホテルプラナ東京ベイに宿泊】2022夏part①自閉症の息子が安心して旅行できる工夫とは

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。

旅行までの見通しが楽しみを倍増させる

前回のディズニー旅行で、お姉ちゃんが旅行の日までをカウントダウンできるカレンダーを作ってくれたのですが、今回の旅行前にも新しく作ってくれました。



このカレンダーがあると、日付の概念がまだない息子にとって、旅行がいつ行けるのかということが分かり、また、当日までの楽しみを味わうことができます。


癇癪も起こさずに笑顔で出発できるので、息子にとってとても大切なカレンダーとなっています。


今回は44日前からカウントダウン、毎朝お魚のシールを貼るのが日課になりました。

完成したカレンダーを見た息子は、すぐに荷造りを始めます。





宿泊するホテルを2週間前から確認

もう一つの課題は、自閉症の息子が安心してホテルに宿泊することです。



息子は1年前に睡眠障害を発症して、その後薬で眠れるようになりましたが、今でも慣れない場所だと一晩眠れない時があります。

ホテルはなおさらです。


旅行の度に毎回同じホテルを利用するわけではないので、今回は2週間前から宿泊予定先の

  • 外観
  • ロビー
  • 客室
  • 浴室
  • ナイトウエア

の写真を印刷し、目に付く場所に貼って毎日確認をおこないました。


息子は写真を毎日嬉しそうに眺め、何度も指差して微笑んでいました。



関東へ出発!

カウントダウンカレンダーも完成し、いよいよ出発の日。


関西から関東までは、車で500km。


5人4泊分の荷造りに励みます。

息子もラーメンの乾麺を片手に手伝ってくれました。

子どもたちが眠っている間に車を走らせたいので、21時ごろ出発します。



神奈川県に到着

朝、神奈川県にある海老名サービスエリアに到着。

車内では少し睡眠時間は短かったものの、朝ご飯を口いっぱいに頬張ってエネルギーをチャージする息子です。

とってもご機嫌な朝でした。


ここからさらに70km。

千葉県浦安市に向かいます。


三井ガーデンホテルプラナ東京ベイに到着

昼食や買い物を済ませ、15時頃に今回の宿泊先、三井ガーデンホテルプラナ東京ベイに到着。


こちらは東京ディズニーリゾートのパートナーホテルです。

駐車場に車を停め、入り口まで走ったら危ないからと、お兄ちゃんが手を繋いでくれました。



ロビーは広々

とっても広いロビーに子どもたちは大喜び。


チェックインの手続きをする間、みんなワクワクしていました。



ロビーには24時間営業のナチュラルローソンや、ガチャガチャコーナー、キッズスペースがあり、退屈することはありませんでした。



ナチュラルローソンでは日用品から焼き立てパン、お弁当やドリンクなど種類が充実しているので、本当に便利です。



このホテルは朝食バイキングが美味しいと有名なところなのですが、偏食な息子が満足して食べられるか心配だったので、このコンビニを何度か利用しました。


そしてTwitterやInstagramの撮影用ボードがあったので、息子に持ってもらいパシャリ。

何を持たされているのか、良く分かっていない息子でした。






チェックインしてお部屋へ

チェックインの手続きが終わると、もう息子のワクワクは最高潮です。



部屋の場所も分からないのに、早く行きたくて一人暴走していました。




そして、宿泊したお部屋がこちら。

ピンクを基調とした4ベッドの広々としたお部屋です。


部屋に入るなり、キョロキョロと見渡し動き回る息子。

事前に家でチェックしていた写真と同じ、部屋のデザインとナイトウェアを見て、とても安心した様子でした。



バルコニー付で海が見えるお部屋です。

海風に当たると、子どもたちはとっても気持ち良さそうでした。


ナイトウェアのサイズは子ども用120のみ、大人はMかLです。


アメニティも充実しており、お風呂とトイレは完全別なので、とても快適でした。




展望大浴場付

宿泊者は朝と夜に利用できる、オーシャンビューの展望大浴場があります。



無料マンガコーナーやハンモックコーナーもあり、旅の疲れも吹き飛びます。

ちなみに大浴場は、おむつ着用の方は利用できないとのことでした。



宿泊してみた感想

ディズニーホテルやその他の格安ホテルは利用したことがありましたが、

今回始めてパートナーホテルを利用してみて良かったのは、お部屋が非常に広かったのと、コインランドリーやコンビニ、大浴場など全てにおいて充実していたことです。

もちろん無料シャトルバス(パークまで15分)もあります。



こちらのホテルは利用者が多いので、その分チェックイン開始時間の15時頃やディズニー帰りの人が押し寄せる21時頃にロビーが混雑することがありました。



今回4泊しましたが、とても快適で、家族全員が大満足なステイになったと感じます。


息子も事前にこのホテルを写真で確認していただけあり、とても安心できたのか睡眠には全く困らず、4日間ぐっすりと眠ることができました。

睡眠に困らなかった旅行は初めてです。



そしてこの旅行を通して学んだ、事前準備の大切さを次回にも活かし、息子がもっと安心して旅行できる工夫をしていきたいと思いました。





宿泊費

今回の宿泊はお盆の繁忙期に5人で4泊の宿泊でした。

楽天トラベルからの予約で、素泊まり合計金額55,000円です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

part②東京ディズニーリゾートでの様子はこちら

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-自閉症のディズニー旅行
-, ,