【放課後等デイサービスの送迎場所】自宅以外も可能?

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。



放課後等デイサービスの送迎場所について解説します。

自宅以外の場所は可能なのでしょうか。


放課後等デイサービスの送迎場所について

放課後等デイサービスで送迎サービスを利用するときの送迎場所は自宅だけなの?

とTwitterのフォロワーさんから、質問を受けたことがあります。


車で送り迎えが出来る場所は、放課後等デイサービスの事業所によって対応が違います。


今回は、放課後等デイサービスで可能な送迎の場所についてご紹介します。

送迎が出来る場所は主に3ヶ所です。



自宅

夏休みなどの長期休暇や大型連休、祝日など、学校が休みの日にデイサービスを利用する際は、自宅に迎えに来てくれます。


デイサービスの営業時間はそれぞれ異なるので、その時間に合わせての送迎。

息子の特別支援学校の休みの日は、朝9時~10時ごろに自宅前に迎えに来てくれます。



子どもが通う学校

放課後等デイサービスでは、発達障害を持つ子どもが放課後すぐから利用できるよう、学校の授業が終わる時間に学校まで迎えに来てくれます。

そのため保護者が学校へ迎えに行ってから、デイサービスへ送る必要がありません。

学校とデイサービスが遠い場合でも、安心して通わせることが出来ます。



息子のデイサービスでは、学年ごとの授業の終了時間を事前に学校に確認し、それに合わせて子どもを迎えに行ってくれています。

また、学校送迎時には担任の先生から学校での様子などを引き継ぎ、連携してくれているのがとても安心できます。



その他の指定場所

もし都合があって、自宅や学校以外の場所での送迎を希望する場合は、デイサービスの責任者との相談次第で、対応してくれる場合があります。

その場合は、乗降場所の安全性送迎のルート内ということが前提で受け入れてくれることが多いようです。


息子の友だちは、曜日によっておばあちゃんの家を指定したりしています。



送迎場所や時間は事前の相談が必要

平日は学校、休日は自宅からの送迎というようなスケジュールは、あらかじめデイサービスとの相談や確認を行う必要があります。

また、月ごとにデイサービス利用予定表を学校に提出するので、息子の学校では学校側と送迎バスのスタッフが、子どもがそれぞれ、どの方法で帰宅するのかを把握してくれています。


便利で助かる放課後等デイサービスの送迎サービス、しっかり話し合い、安心してお任せしたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-放課後等デイサービス
-,