【放課後等デイサービスの探し方・選び方】失敗しないために

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。

放課後等デイサービスを利用したいけど、いろいろあって選べない。

どこが我が子に合うんだろう。

3か所のデイサービスを利用して感じた、ぴったりの事業所を見つける方法を紹介します。

放課後等デイサービスって何という方は

こちらの記事に詳しく書いていますのでぜひご覧ください。


放課後等デイサービスの探し方

大きく分けて3 つです。

  • インターネットサイトで探す
  • 知り合いの親に話を聞く
  • 役所の福祉課等でデイサービス事業所リストをもらう


放課後等デイサービスは今、次々と新しく開業しています。
子どもにピッタリの場所が見つかると通うのが楽しくなります。



インターネットサイトを使う

近くのデイサービスはこちらのサイトで検索できます。

マップで位置情報をみたり、体験談も書かれていますので参考になります。


知り合いに聞く

身近にデイサービスを利用しているお子さんをもつ親はいませんか。

支援内容やサービスを聞いてみると、とても参考になります。

私も息子のデイサービスを探すときに、毎日デイサービスを通わせている子のママに紹介してもらいました。



福祉課等で放課後等デイサービス事業所リストをもらう

住所地の役所でリストをもらうことができます。

電話番号も書かれていますので参考になりますね。

気になる事業所が見つかったら、インターネットでHPを見てみましょう。

サイトを運営している所が多いので、施設の写真などが見られます。




放課後等デイサービスに求める事

デイサービスに求めることを書き出してみましょう。

  • 共働きなので送迎がある
  • 土日祝や遅くまで預かってもらえる
  • 勉強やスポーツを教えてほしい 

それぞれお子さんによって、希望の支援内容はあると思います。

あらかじめ書き出しておくと見学に行った時に、面談で質問することができます。

優先順位をつけるのも良いですね。


見学や体験をしよう

これは必ず少なくても2か所以上は見学をしてください。

放課後等デイサービスは、事業所によってカラーが全く違います。


施設の清潔感やスタッフの雰囲気、用意されている支援グッズなど、目で見て気になる所は質問してみましょう。


デイサービスの支援内容は?

ざっくりわけて

  • 学習支援型
  • 自立支援型

の2つです。


学習支援

読み書きや学力向上のための手助けをしたり、パソコン作業、絵画や書道など、塾や習い事に近いスタイルで、一回あたりの利用が40分〜60分くらいの所が多いです

送迎はなく保護者が付き添うというところがほとんどです。


自立支援は放課後から夕方まで預かり、身辺自立や発達を促す療育を行います。

また通所する他の児童とイベントを楽しんだりします。

留守家庭児童のようなスタイルで、送迎を行なっているところが非常に多いです。

学校が終わる時間に学校へ直接子どもを迎えに行ってくれて、帰りは自宅に送り届けてくれるので、保護者が仕事をしている家庭はとても助かりますよ。


空きがあるか確認をする

人気のデイサービスはすぐに定員に達してしまいます。

あらかじめ希望の曜日の空き状況を確認しておきましょう。



デイサービス契約・入所後

実際通ってみて、うちの子に合わないなと思ったときはすぐに辞められます。

デイサービスはたくさんあるので、子どもにあった所、安心できる場所をみつけましょう。

息子は自立支援型に3か所通っていますが、たくさんの友だちが出来て、人とのかかわり方をたくさん学んでいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitter毎日更新中。フォローお待ちしております。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-放課後等デイサービス
-,