【お姉ちゃんが考える障害者週間】ポスター作品を紹介

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。

障害者週間とは

毎年12月3日から9日は障害者週間といって、

みんなが障害福祉への関心や理解を深めたり、

障害者が、社会や文化活動に参加する意欲を高めることを目的としています。



国が主催するものとして

  • 障害者週間のポスター募集
  • 心の輪を広げる体験作文募集
  • 障害の理解を深めるセミナーやイベント

などが行われています。


なぜ12月3日から9日までなの?

12月3日と9日は、障害の権利について重要な決定された日だからです。


12月3日 国際障害者デー

昭和57年12月3日 国連総会で「障害者に関する世界行動計画」が取り入れられた日であり、平成に4年に国際障害者デーとすることを決めた。


12月9日 障がい者の日

昭和50年12月9日 国連総会で「障害者の権利宣言」が取り入れられ、その6年後「障害者の日」とすることを決定。



この12月3日から9日までの期間が、障害者週間となりました。



お姉ちゃんが描くポスター



2022年の秋、障害者週間に向けて、長女がポスターを描きました。

※長女がブログやSNSに載せて欲しいと言ってくれたので、ご紹介します。




題名

さぁ、みんなでステージに上がろう!

赤ちゃんからお年寄り、妊婦さんまで、音楽を楽しみたい!と思う人が、誰でも上がることのできるステージです。

奏でる音はそれぞれ、楽しみ方もそれぞれ。


誰もが自信を持って、笑顔で音楽を楽しめる世の中になって欲しいという思いが込められています。



描くことで知ること、考え方が変わること

障害者週間というものを知り、それをきっかけに描いた絵。


この絵をきっかけに、長女は

  • 身体障害のある人は、どんな演奏ができるだろう?
  • 言葉の話せない人は、楽器の演奏で音楽が楽しめるかも!


そんなことを長女なりに考え、また調べながら丁寧に描いていきました。


この絵を多くの方に見てもらいたいという、長女の意向によりご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-自閉症スペクトラムについて
-, ,