【新しくなった新版K式発達検査2020を受けた】療育手帳更新・9歳の発達検査結果公開

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。

息子の発達検査内容検査の様子結果を公開します。

これから療育手帳や愛の手帳の取得を考えている方、発達検査の詳しい内容を知りたい方の参考になればと思います。

新版K式発達検査とは

新版K式発達検査とは、発達の遅れや偏りを評価するものです。

検査の結果によっては、発達障害の診断や状態を把握することが可能と言われています。

検査の内容に対して、子どもがどのように反応し応答するかを観察し、通過基準を満たすかどうかで評価するようになっています。


また

  • 言語・社会
  • 認知・適応
  • 姿勢・運動


の3つから、発達指数と発達年齢を算出します。

3歳以上の子どもは、特に上2つ【言語・社会】【認知・適応】の項目を重要視します。





改定された検査を受けた

今回息子が受けた発達検査は、2~8歳で受けた新版K式発達検査2001の改訂版、新版K式発達検査2020です。

新版K式発達検査2020は、新版K式発達検査2001の改訂版で、前回まで息子が受けていた検査の項目が一部変更され、より検査結果が正確に出るようになったようです。



前回の8歳の発達検査は、息子が8歳4か月の時に受けました。


発達検査を受けるため検査センターへ

今回9歳になる息子の発達検査は、療育手帳の更新のためです。

手帳再認定の申請を役所に出してから、発達検査の予約が取れたのは2か月後でした。

それだけ今は、検査待ちの人が多くいるようです。


検査当日、息子は学校を欠席し、指定された発達検査のセンターへ私と二人で向かいました。

息子と来るのは数年ぶりでしたが、見たことのある建物にとても落ち着いて待つことができました。


検査の一部内容を紹介

そして名前を呼ばれ、私と息子はそれぞれ別室に。

私は、普段の息子の生活の様子を、できること・できないことを◯×形式で記入する用紙を渡され、

息子は検査員の女性に連れられ、隣の部屋で検査を行いました。



親に渡される用紙

息子が別室で検査している間、親の私に渡された冊子です。


息子の普段の様子を思い出しながら、できること・できないことを◯×形式で書き込むようになっています。

順に記入し、×が連続8個続いたら記入を終了するというルールになっています。


記入ページの写真掲載は控えますが、

  • お箸が使えますか
  • お風呂で介助なく体が洗えますか

などの生活動作に関する質問が書かれていました。


息子の課題

息子は別室でしたので、検査後に聞いた様子を紹介します。

息子が出来たものに◯、出来なかったものは✕で表示しています。


言語・社会

◯ 名前を呼んで返事ができるか

◯ 絵を見てワンワンどれ?などの指差しが出来るか

× どっちが大きい?などの大小が答えられるか

◯ 指を指した方に目を向けるか


認知・適応

◯ 型はめのパズルができるか

◯ ごっこ遊びを通して模倣(真似)ができるか

◯ 鉛筆を使って、○や×、十字が描けるか

◯ 折り紙を使って真似して折れるか

◯ 図形のマッチングができるか 


姿勢・運動

◯ 両足でジャンプが出来るか

◯ 片足立ちができるか

◯ 両足それぞれケンケンが出来るか



検査時間は乳幼児では10~15分、10歳以上の場合には1時間程度必要となります。

その場で出来なかった項目は、保護者からの普段の聞き取りを行う場合があります。

息子は聞き取りも含め、25分程度で終了しました。



検査中の様子


今回も一人で検査室に入ることができたので、様子をうかがうことはできませんでしたが、泣いたりすることなく、検査員の指示を聞き一通り検査をすることができたようです。

発語のない息子ですが、前回の発達検査の時(半年前)よりも理解言語(聞いて理解できる言葉)が格段に増えていたので、やり取りの必要な課題で出来る項目が非常に増えていました。


6年前に発達障害が判明してから、毎回検査の指示があまり理解できていない状況がずっと続いていたので、これには大きな成長を感じられました。


また、今回新版K式発達検査2020の項目に追加された、人形を使った模倣にとても積極的で、自閉症の子が苦手とする「ごっこ遊び」が出来るようになっていました。

検査中、息子は楽しそうに赤ちゃんの人形にご飯をあげる真似をしていたようです。


息子の特性上、他の物に興味がすぐに切り替わってしまうことがあるので、検査中に目に入った入り口のドアが気になり、開け閉めをするこだわりが突然出てしまうことがありました。




検査結果

検査終了後、20分ほど遊んで待っていると検査結果が出ました。



新版K式発達検査2020の結果

発達指数 25

発達年齢 2歳3か月

発達指数(DQ)の基準が100なので25という数字が発達年齢2歳3か月という結果を出しています。


息子はこの時9歳なので、6年9か月の実年齢との発達の差があるという事です。


健常児の平均が発達指数(DQ)100と言われています。



これまでの発達の推移

自閉症と診断されてから毎年検査をしているので、検査結果をグラフにしました。

息子の発達年齢推移です。

検査時の年齢息子の発達年齢
2歳10か月1歳3か月
3歳9か月1歳7か月
4歳7か月1歳9か月
5歳11か月1歳11か月
6歳6か月1歳11か月
8歳4か月2歳2か月
9歳0か月2歳3か月



その他の発達年齢


9歳の息子の発達年齢

言語・社会 1歳6か月

認知・適応 2歳11か月

今回9歳になっていたからなのか、【姿勢・運動】の項目の結果は出されませんでした。


発語のない息子の言語発達は、前回の検査時は0歳11か月という状態でしたが、その頃から言葉は出ていないものの、指差しでの受け答えなどが出来るようになっていたので、言語・社会の発達年齢が1歳6ヶ月と、少し伸びていました。



DQの基準値

最重度 (DQ)20以下
重度 (DQ)21~35
中度 (DQ)36~50
軽度 (DQ)51~70

基準値を見ると息子は25なので、今回も重度の知的障害という結果です。


療育手帳

2歳に取得した手帳はB1中度知的障害でした。

5歳の検査結果で重度判定に変わり、9歳も変わらず重度判定でした。



息子の住む地域は

A  重度

B1 中度

B2 軽度

と分類されます。


そのため療育手帳はAに分類されます。


まとめ

検査の結果は変わらず重度判定でしたが、年齢が上がるにつれて、とても落ち着いて検査に向かえるようになっていたことが大きな成長です。

以前までは、発達検査に連れていくだけで親も子もグッタリ疲れていましたが、9歳になってそれが軽減されたように感じました。


今後も実年齢に追いつくことは非常に難しいと考えますが、家族みんな息子の成長にとても喜んでいるので、息子のペースで療育や支援を進めていきたいと思います。



手先運動能力向上のための、家でできる療育グッズを紹介します。

集中力と指先の発達向上のための積み木


おすすめ!発達促進グッズが作れる本

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-発達検査
-,