【特別支援学校の入学式の様子】入学後すぐの通学とクラス分けを紹介

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。



自閉症の息子が、特別支援学校に入学した頃の話を紹介します。

特別支援学校では、入学後初日から一人で通学バスに乗り込みます。



特別支援学校入学式

息子の小学校入学式は、新型コロナウイルス感染症の問題で、世間が騒いでいる真っ只中でした。


休校期間が長かった為、入学式が行われたのは6月の暑い日。

桜の無い季節だったので、4月のうちに写真を撮っておきました。



入学式当日

体育館に集まり、校長先生の話をきいた後、校歌を先生全員が歌いながら踊ってくれます。

特別支援学校の入学式は、とても愉快な楽しい雰囲気でした。

式終了後、すぐに教室に向かいます。





特別支援学校のクラス分け

支援学校のクラス分けは、入学当初は仮のクラスです。


児童の特性などをみて、1か月ほど経ってから組みなおすそうです。


  • 少し落ち着いた子どものクラス
  • 元気な子のクラス
  • ある程度話せる子のクラス

子どもたちの状況に応じて、クラスを行っているようでした。

息子はのちに、落ち着いた子どもたちが集まるクラスに決定。





特別支援学校の通学バス

授業が始まったら初日から一人で通学バスに乗り込みます。

初めてのバス、何の練習もありませんがスムーズに乗ってくれたのにはびっくりしました。


添乗の先生もとてもやさしく声掛けをしてくださったので、息子も安心したようです。





まとめ

新しい環境に慣れるまでとても心配でしたが、たくさんの生徒を見てきたプロの先生たちが集まっています。

「心配なことはいつでも電話ください!」と言って下さり、先生も掛けてきてくれました。

学校生活が楽しいものになるように、一学期はそこに重点を置いてくれている印象がありました。

新しい環境で気持ちも不安定になる時期ですが、先生のおかげで息子も大きな乱れもなく、今も毎日楽しく通うことができています。



最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitterやってます!フォローお待ちしております。


スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-支援学校と支援学級
-,