【自閉症児の睡眠障害】辛く眠れない日々がようやく改善しました。

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。




睡眠障害は健常児にも見られますが、自閉症スペクトラムの子どもには、おおよそ2人に1人に抱える辛さだと言われています。



今回は3か月続いた息子の睡眠障害を、克服した話を紹介します。


睡眠障害が起きた頃

7歳10か月頃、引っ越しという環境の変化による影響で、睡眠障害を発症しました。


自閉症スペクトラムの子どもは、小さな変化や環境の変化に心が追い付かず、身体に負担となることが多いです。


息子は引っ越しというイベントに適応できず

  • なかなか眠れない
  • 寝てもすぐに目が覚める

などの症状が出始めました。



経験した睡眠障害の種類

睡眠障害にも様々な症状がありますが、息子が陥った症状を紹介します。



寝付きが悪い

毎日21時に布団に入り部屋を暗くしていますが、寝付きが悪く、翌朝4時まで眠れない日が毎日続きました。



夜間の覚醒

うまく22時に寝付けても、突然深夜1時頃に目が覚めて、そこから学校に行く時間まで一睡もしない日がありました。





睡眠障害がもたらす影響

睡眠が上手く取れないと日中の生活に大きく影響がありました。


  • イライラする事が多くなった
  • 予定がスムーズに進まない
  • 身体がだるくぼーっとする
  • 癇癪が酷くなる
  • 日中眠くなりリズムが崩れる
  • 食欲に影響が出て食べムラがある

良くない事ばかりでした。





薬物療法を開始

息子も親もつらい毎日が続き、3か月たった頃、ようやく病院へ相談に行きました。


毎日決まった時間に布団に入ることはそのまま続けながら、睡眠障害を改善する薬を飲むことにしました。




入眠導入剤

メラトベル
【寝つきを良くする薬】

中途覚醒に効果

ロゼレム
【夜間の覚醒をなくし朝まで眠れる薬】


を処方してもらいました。

薬は無味無臭で、どちらも非常に飲みやすい粉薬です




飲み始めて1週間で寝付きがよくなり、1か月で中途覚醒(途中で目が覚める)がなくなりました。

服薬の効果


飲み始めてから3か月になりますが、ぴったり21時に就寝できています。


服薬による主な効果

  • 21時就寝、翌朝7時までぐっすり
  • 目覚めが最高
  • 副作用はなかった
  • 日中眠くならない
  • 癇癪が減った


すっかり睡眠障害が改善されています。

特に気を付けていることは、服薬後は30分もしないうちに睡魔が襲うので、寝る直前に服薬することです。

また寝つきが良くなるように、寝室の室温の管理も敏感に行うようにしました。




まとめ

眠れない日が続くと、親も疲労が蓄積します。

毎日続くと辛くてたまりませんでした。


今思う事は

  • 3か月も耐える必要はなかったということ
  • 日中の活動や夜間の成長ホルモン分泌の為に服薬は必要なこと
  • 一緒に生活する家族の為にも早く受診し、睡眠の改善を行えばよかったということ

親も子も辛い睡眠障害。

薬で改善し、毎日の笑顔を取り戻せたことはとても良かったですし、薬に頼っていいんだと親として勉強になりました


最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitterやってます!フォローお待ちしております。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-自閉症スペクトラムについて
-,