【やみつきになる!マグタブ(Magnatab)の遊び方】指先療育に人気マグネットおもちゃを紹介

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。

インスタグラムでも話題の、マグタブ(マグナタブ)で遊んでみたのでご紹介します。

マグタブってどんなおもちゃ?

マグタブとは、モンテッソーリの学習スタイルからデザインされ、磁石を使ったクリエイティブな遊びができるおもちゃです。

セットのペンの先に強力なマグネットが付いているので、穴に近づけると中の鉄球が「ポコッ」と引き上げられます。



使うものがペン型なので、鉛筆持ちの練習にもなります


字や形・絵を描いてみたり、鉄球を引き上げる感触、押込む感覚がくせになり、何度も繰り返して遊んでいます。

アマゾンでも口コミがとても良かったので、息子の療育に使った様子を紹介します。

  • サイズ 19×15×1.5cm
  • 穴の数 483個
  • ペンの長さ13.5cm
  • 対象年齢 3歳以上


マグタブの遊び方

息子が夢中になっている、マグタブの楽しい遊び方を紹介します。

絵を描く

磁石で好きな場所だけ球を引き上げられるので、絵や文字を書くことができます。

息子の好きな絵を描いてあげると、とても喜んでいました。


また、きょうだいみんなで遊ぶときは、描いたイラストが何かを当てるゲームをして楽しんでいます。



面を全て埋める

息子が一番好きな遊び方です。

集中して細かいことに取り組むのが好きな息子は、全ての磁石を引き上げて楽しんでいます。

全ての球が揃うと、とてもスッキリするようで、満足気です。



指でポコポコと戻す

球を引き上げた後は、指やペンの逆側を使って穴へ落としていきます。


これがまた癖になるようで、梱包に使われるプチプチシートを潰すのが好きな方にはおすすめです。

指や手の平で「ポコポコ」と落としていきます。


まとめ

お出かけ用のおもちゃとしても大活躍のマグタブ。


待ち時間やドライブ中など、動き回らずに遊んで欲しい時にサッと出すと、夢中でカチカチと遊んでくれます。



買って良かったと思う点

親がマグタブを選んで良かったと思うところは、

  • 球がバラバラにならない
  • ペンの収納ができる
  • 集中して遊んでくれる
  • 壊れにくい

というところです。

デメリットをあげるとしたら、大きく振ると球が中で動くので、音が大きいことでしょうか。


マグタブは類似品が出回っていますが、今回息子に購入したのはMagnatab(マグナタブ)の正規品です。

マグナタブフリードローというグッズを紹介しました。





最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-便利な子育てグッズ
-, ,