【自閉症育児で気をつけていること・失敗は失敗のもと】関わり方のコツを紹介!

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。

自閉症スペクトラムの診断を受けてからたくさんの本を読み、障害児と関わる保育士さんと情報共有してきました。

その経験から障害児子育ての我が家で気を付けていることを7つ紹介します。

行動がわがままではない事を意識する

定型発達の家族の生活に、息子を合わさせるのではなく、息子の特性に家族が寄り添い、行動を理解するようにしています。


例えば
大きな声や赤ちゃんの泣き声が聞こえるお店での外食は、感覚過敏のある自閉症の息子にとって辛いものです。

そのため、みんなが食べたいものをテイクアウトして家でパーティのようにして楽しんだりしています。


自閉症スペクトラムとこだわり行動への対処法

専門用語などの難しい言葉はなく、自閉症の「こだわり」に特化して書かれた本です。

具体的に分かりやすい本ですが、文字は多めです。


視覚的にコミュニケーションをとる

  • 絵カード
  • 手話
  • マカトン 
  • スケジュール表

息子自身がわかる方法を使って、伝わる喜びを家族みんなで感じられるようにしています。


言葉での指示は短く簡単に

「靴をはいて」

「タオルで手を拭いて」など


かわいいイラストで使いやすい絵カード

学校などでよく使われる絵カードよりも、イラストがとってもかわいい本です。


出来る限り時間に余裕をもつ

時間感覚の難しい息子にとって「急いで!」「早くして!」という言葉は理解できませんし、効果は全く見られません。

そのため、予定の時間に間に合わなかったり、急かすと親も子もイライラしてしまいます。

生活のなかで

  • バス発車の時間
  • 学校へ行く時間
  • 病院の予約時間
  • 待ち合わせの時間

間に合わないと困るものはたくさんあります。

「今日、歩くのが遅くて通学バスに乗り遅れたから、明日はさらに10分早く家をでよう」など翌日の目標を設定。

朝数分早く起きるなど、忙しい朝でも可能な限り時間を作り、急かしたりイライラしなくて済む方法をとります。

そして余裕を持って行動したのに、また出来なかった事は何度でも改善していきます。


小学二年生になり、タイマーを使うとスムーズに行動できるようになってきたので、毎朝使うようにしました。

音が鳴ると「出発!」という風に使います。


失敗は失敗のもと

定型発達の子は失敗を繰り返し成功へと繋がる事が多いですが、自閉症スペクトラムの子は、一度失敗や恐怖を感じる二度と出来なくなる事があります。

その為、事前に繰り返し練習を行って未然に失敗を防ぎます

支援学校でも、どんなことも予行練習(事前学習)を行ったりします。


お医者さんごっこのグッズは病院受診前の練習にもおすすめです。


人とのかかわりを増やす

発達に遅れを感じた頃から、人と関わる時間を増やしました。

たくさんの人に息子と関わってもらい、同じ歳の子と共に過ごす。

実はこれ、一緒に遊べていなくてもとても良い影響を受けているようです。

発達支援センターに入園し、初めてお友だちと目を合わせてニコニコ笑っていた姿は、今でも忘れません。


感覚過敏の理解

そもそも感じ方が私たちとは違うということを常に念頭に置き

「ミキサーの音が苦手なんだね」

「カレーのドロドロが嫌なんだね」

「お!これは大丈夫なんだ!」

と言いながら息子の苦手エリアを模索していきます。

苦手を知って、できるだけ排除すれば快適に暮らせると考えています。


聴覚過敏用イヤマフ

どんなことも無理なく克服

恐怖を与えるだけなので、絶対に無理強いはしません。

食べ物であれば

「これはどう?」

と提案しながら少しずつチャレンジしていきます。

克服できたらラッキー!くらいの気持ちで進めるようにしています。


まとめ

できないことをどれだけ頑張っても、難しいことはたくさんあります。

周りの理解や配慮で発達が促せたり、子ども自身が生きやすくなりますね。

辛いことは排除するできるものに変換することはわがままではないんです。

最後までお読み頂きありがとうございました!

Twitter毎日更新中!フォローお待ちしております。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-自閉症スペクトラムについて
-,