【自閉症の息子と思い出話をする方法】思い出も視覚と声掛けで笑顔に

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。


重度知的障害自閉症、8歳の息子の精神年齢は2歳です。

言葉を話すことができません。

ですが最近、そんな息子と思い出話をすることがとても楽しいので、ちょっとハッピーになれる我が家の方法を紹介します。

会話が成り立たない子どもと会話するには

自閉症の息子に、声をかけただけでは、伝えたい事が伝わらないことがあります。

そんな息子と普段から絵カードや手話、マカトンを用いていますが、こちらの伝えたい事や、子どもが発信したい事だけではなく、会話して気持ちの共感を楽しむことができるようになりました。


自閉症スペクトラムなどの発達障害のある子のコミュニケーションツールとして絵カードや写真カードが有効だと言われていますが、

普段の行動だけでなく、思い出などの楽しかった出来事にも、息子に視覚的にコミュニケーションしてみると、とても楽しいことが分かったので最近は良く行っています。



思い出話をする

息子に

「この前の動物園、楽しかったね。ゾウさんいたよね!」

と声を掛けても、あまり伝わないことがあります。



そんな時、スマホで取った写真を見せながら

「ほら!動物園に大きなゾウさんいたの覚えてる?」

と聞くと、スマホの写真と親の顔を交互に見ながら目を輝かせ笑います。


言葉を話せない息子ですが、笑顔と笑い声で

「覚えているよ!楽しいところ!」

と言っているかのように指差しして、ノンバーバル・コミュニケーションを楽しんでいます。


ノンバーバル・コミュニケーション

言葉以外の方法を用いたコミュニケーションのことです。非言語コミュニケーションと呼ばれ、言語以上に豊富な情報を与えるので、より良い信頼関係を築くことに繋がります。



まとめ

普段から出かけ先では、よくスマホで写真を撮るのですが、せっかく撮った写真を私自身だけでなく、息子と共有したいと思ったことがきっかけで始めました。


今では、息子が自ら写真のフォルダーを開き、

「ここ楽しかったよね!」

写真に指差しして、教えてくれるようになりました。


要求だけでなく、思い出話にも視覚支援を取り入れるとコミュニケーションがもっと楽しくなるのだなと感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-自閉症スペクトラムについて
-,