【療育で出てくる言葉を知ろう!】OT・ST・PT?どういう意味?

せいくん

子育て中の心にそっと寄り添うブログ。 発達障害をもっと分かりやすく紹介。 せいくんは小学3年生、特別支援学校に通う三兄弟末っ子。 重度知的障害を伴う自閉スペクトラム症。(ASD) 発語なし、偏食、感覚過敏。 小さな身体で一生懸命生きています。ちょっとイケメン。 障害児の生活や支援学校、効果のあった療育グッズを紹介。




療育について調べていると、出てくる出てくる知らないことば

専門用語や聞き慣れない言葉8つを分かりやすく解説します。


OT(Occupational Therapist)

国家資格の作業療法士のことです。

「文字を書く」「スプーンを持つ」「服を着る」など、細かな作業ができるように訓練してくれます。

作業の幅が広がると、生活の質が向上します。

自閉症や発達障害のリハビリは主にOTが担当していることが多いので、OTに相談してみると良いでしょう。



ST(Speech-Language-Hearing Therapist)

国家資格の言語聴覚士のことです。

言語障害・音声障害・嚥下障害に対しての専門家です。

話すことや、コミュニケーション能力の向上を手助けしてくれます。

理解できる意味を増やしたり、その人に合ったコミュニケーションの方法を探りながら確立していきます。



PT(Physical Therapist)

国家資格の理学療法士のことです。

歩く・座る・立つなどの大きな動作の練習を行い、

基本的な動作の発達を促します。




児童発達支援

未就学児の療育を行う施設。

発達の程度により、利用できる子どもが決まっています。

受給者証があれば利用料が1割負担になります。



放課後等デイサービス

6歳から18歳の子どもの療育を行う施設です。

利用には受給者証が必要です。



受給者証

住所地の役所で発行される、障害児通所受給者証のことです。

これがあれば、放課後等デイサービスが利用できます。



療育手帳

18歳未満の知的障害児に発行される手帳のことです。

東京都では愛の手帳とよびます。


IQによって重度、中度、軽度と分けられますが、自治体によって判定の仕方が違うところもあります。



相談支援事業所

通所サービス等支援利用計画書という書類を作ってくれるひとのことです。

これは療育を受ける際に必要な物で、その他に療育先の紹介やモニタリングなどを行なってくれます。

不安なことも相談にのってくれたりします。



まとめ

これから様々な療育を考えている方に、少しでも分かりやすく伝わればと思いまとめました。

これらは良く耳にする言葉なので、知っていると何かと便利だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitter毎日更新中。

スポンサーリンク

おすすめ便利グッズを紹介しています

ランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

-自閉症スペクトラムについて
-,